いざ結婚相談所に登録をしようと思った時に気になるのが費用です。結婚相談所には大きく分けて3つの種類があるので、サポート体制や費用の違いなどを考えながら自分に合いそうなところを選ぶことも婚活成功の秘訣になります。

費用全国展開しており会員数が多く、お見合いパーティーなども積極的に行っているのが「結婚情報サービス型」の結婚相談所です。こちらは前金制で2年間の会員登録で40万円前後のところが多いようです。サービスも多様ですが、自分からある程度行動していく必要があります。地域密着で小さな相談所同士の横のネットワークが繋がっているのが「連盟・フランチャイズ型」です。昔ながらの結婚相談所で、会員登録の際に5~10万円程度の入会金と、成婚時には成婚料として30万円程度の費用がかかります。相談員がプロフィールを参考にしながらお見合いをセッティングします。また、インターネット上で相手を探すことができる結婚相談所が「インターネット型」です。相手探しもすべて自分で行うため費用は他の結婚相談所より安く、十分の1程度の金額で登録できます。

積極的に相手を自分で探したいという人や、費用を抑えたいという人はインターネット型が向いているでしょうが、人からのアドバイスを元に選んでもらいたいという人は連盟・フランチャイズ型が良いでしょう。大きな婚活パーティーへの参加や会員数が多いところがいいという人は結婚情報サービス型が向いていると言えそうです。